language

日本語 English 簡体中文 繁体中文 한국어
北海道アルファード観光タクシーメニュー

通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正に基づく旅行サービス手配業の登録について

この度の法改正を受け、弊社でも旅行サービス手配業の登録をし、従来の個人ユーザー様に加え旅行業者様とのお取引につきましても、安全かつ円滑なサービスの提供に努めて参ります。


旅行サービス手配業|北海道

旅行サービス手配業について

「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」が2018年1月4日に施行されることが決まり、従来旅行業法の規制を受けなかったランドオペレーターを「旅行サービス手配業者」とし、観光庁長官の登録を受けなければならない事となりました。

その中で旅行サービス手配業を、旅行業者のために運送または宿泊、通訳案内士や免税店などの旅行に関連するサービスの提供について、代理契約や媒介、取次を行うものと定義すると共に、従来の旅行業法では旅行業者と旅行者間で適用していたが、
今回の改正で業者間同士のいわゆる「BtoB」の取引について法規制がかかることになりました。

そのため、旅行者の安全や取引の公正の確保を図るため、新たに「旅行サービス手配業者」を観光庁が登録。旅行業者との取引行為として代理、媒介、取次はもちろん、宿泊や運輸など複数を組み合わせて独自の包括料金を設定したユニット商品を旅行業者に卸すことも含むとしました。

旅行サービス手配業者は、営業所ごとに、旅行業務取扱管理者または「旅行サービス手配業務取扱管理者」を選任することが義務づけられた。
管理者は「取引に係る取引条件の明確性、旅行に関するサービスの提供の確実性その他取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するため必要な国土交通省令で定める事項についての管理及び監督に関する事務を行わなければならない」と規定され、
一定のスキルを要することか、管理者は3年以上5年以内に定期的な研修受講が義務づけられています。

TOP